車が2台以上ある場合、賃貸物件とは別に駐車場を探さなければならない場合もしばしばです。駐車場を探すためのポイントをいくつか振り返りますか。

学生生活が充実する賃貸物件選び

CONTENTS

駐車場を探すには

よっぽど交通事情の良い都会ならともかく、それ以外の地域に住むなら自家用車は今や通勤通学、毎日の生活に必須のものになっていていると言っても差し支えないでしょう。
一家に一台どころか、免許保持者に一台という所のほうが多いかもしれません。
賃貸アパートを探そうとするとわかることですが、普通は一台分の駐車場は家賃の中に含まれるものです。
しかし、二台目からの駐車場は家賃に含まれないアパートがほとんどです。
つまり、二台以上車を保有している場合は、駐車場を賃貸物件の近くに探さなければなりません。
大家さんがその物件の近くに駐車場を経営している人なら、スムーズに紹介してもらえるかもしれませんが、そうでなければ自力で探さなければならないので、少し大変です。
筆者の友人も最近、アパートに引っ越しをしました。
そのアパートも前述のように、1台分の駐車場は無料でついてきましたが、2台目からは自分で駐車場を探してくださいとのことでした。
その友人は、もう一人とルームシェアをする予定だったので、どうしても2台分の駐車スペースは必要です。
そこで、まず友人が先に引っ越しを済ませ、あとからやってくるルームメイトのために駐車場探しをすることになりました。
アパートの周りにはいくつか月極め駐車場があり、どちらも駐車場の管理者の名前と連絡先が書かれた看板が立っていたので、駐車場の管理者とすぐに連絡をとることができました。
興味深いのは、駐車場によって、支払方法や管理方法が異なるという点です。
一つの駐車場は、賃料は月々の支払いで良いとのことでしたが、もう一つの駐車場は6カ月ごとにまとめて支払ってほしいとのこと。
また、駐車車両を登録してナンバーを管理者に通知し、基本的に登録した車両しか駐車しないようにしてほしいという駐車場もあれば、契約した以上、そのスペースはどの車が駐車してもよいというおおらかな駐車場もあるようです。
いずれにしても、駐車場を交渉する際にもこういった点に注意しましょう。

お役立ち情報

Copyright (C)2017学生生活が充実する賃貸物件選び.All rights reserved.