下見は時間もエネルギーもかかりますが、物件を借りるうえで避けては通れません。せっかくの下見を無駄にしないために、おさえるべきポイントをいくつか紹介しましょう。

学生生活が充実する賃貸物件選び

CONTENTS

下見する際に注意すべきこと

インターネットで賃貸物件の情報を集めて、自分の借りたい物件もだいぶ絞られてきました。
次は不動産屋に行って、さっそく物件を下見に行くわけですが、漫然と下見をしてはいけません。
せっかく限られた時間とエネルギーを使って下見をするのですから、有意義な時間にする必要があります。
下見をする時には、おさえておくべきポイントがいくつかあります。
まず、持っていくものに注意しましょう。
一つ目ですが、カメラを持っていくと重宝します。
自分の記憶だけが頼りだと、あとで細かい点を思い出そうにも思い出せないことが多いのですが、カメラできちんと記録しておけば、細かい点もどうだったか思い出せるのです。
例えば、玄関の様子がどうだったか、キッチン周りの収納はどうかという点などです。
また余談ですが、引っ越しの際、入居する前の床や壁の様子も撮影しておくと、あとで敷金が返ってくる場合の証拠にもなるのでお勧めです。
また、筆記道具も持っていきましょう。
不動産屋さんの話した点についてメモにきちんと残しておくことは大切です。
メジャーもあるとよいでしょう。
窓の大きさや、床面積など、カーテンやカーペットを購入する際に必要な情報となります。
下見の際にチェックする必要があるのは、まず水回りです。
キッチンや洗面所、お風呂、トイレなど、あとでトラブルがないよう一通り蛇口をひねって水を出してみましょう。
水漏れがないかどうか、きちんと排水されているかどうかをチェックしましょう。
壁や天井、床に水漏れのような跡がないかどうかもきちんとチェックしましょう。
また、窓にきちんと網戸はついているでしょうか。
コンセントの数は十分でしょうか。
ベランダから見える景色はどうでしょうか。
外廊下や外階段、郵便受けや自転車置き場のあたりはきちんと整備されているでしょうか。
こういった点がきちんと整備されているかどうかが防犯の鍵にもなるので、大事なポイントと言えるでしょう。
下見行く際には上記の点を踏まえて、物件をチェックするようにしましょう。

お役立ち情報

Copyright (C)2017学生生活が充実する賃貸物件選び.All rights reserved.