気に入った物件を購入したいと思ったら、賃貸と購入ではどんなメリットとデメリットがあるのか必ず考えたほうが良いですが、その理由について考えましょうか。

学生生活が充実する賃貸物件選び

CONTENTS

購入するのとどちらがお得?

人それぞれによって違ってくるでしょうが、ライフステージのどこかで家を購入するかどうかの岐路に立たされることがあると思います。
それがマンションか一戸建てかどうかは別にして、これから先もずっと賃貸物件を借りながら住み続けるのか、それとも物件を購入して住むことにするのか、これは必ず出さなければならない答えです。
家ほど大きい買い物はなかなかないので、慎重に考える必要があるでしょう。
まず一人暮らしの場合です。
最近は30を過ぎても独身で結婚せずに働き続ける女性が増えています。
このような女性で、収入が安定している人の中には、これから先も結婚しない場合の老後のことを考慮に入れて、家を所有すれば経済的に安定することを考え、マンション購入に踏み切る人が少なくないようです。
結婚した人の場合、結婚を機にローンを組んでマンション購入や一戸建て建設に取り掛かる人が多いでしょう。
また、第一子誕生をきっかけに子供の成長を考えた間取りの住まいの購入を視野に入れて考え始める人も多いようです。
覚えておかなければならないのは、購入すればもう後戻りはできないということです。
この先、経済状況がどのように転び、リストラに遭ったり、給料が減ったりしようとも、ローンは一律に払っていかなければなりません。
また、その地域が災害に遭って、引っ越しをしたいと思っても、その地域全体の相場が下がってしまえば、物件を売却することも相当難儀です。
もう自由に引っ越しをするわけにはいかないのです。
逆に、30年のローンを組んだとして、30年順調に過ぎれば、ローン返済後その物件はあなたのものになります。
もう、老後の収入が少ない時期に家賃を払う必要はないのです。
賃貸物件をずっと借りるなら、今述べたこととは逆のことになります。
つまり、収入が減ったりリストラに遭ったりしても、家賃の安いところに移ればいいだけです。
また、引っ越しの自由もあります。
どこに住もうが住まいに縛られることはありません。
しかし、死ぬまでずっと家賃を払っていかなければならないのです。

お役立ち情報

Copyright (C)2017学生生活が充実する賃貸物件選び.All rights reserved.