田舎に行って賃貸物件を見つけようとして、不動産屋がないことに気づき驚く人が少なくありません。不動産屋がない田舎で賃貸物件を探す方法をお伝えします。

学生生活が充実する賃貸物件選び

CONTENTS

田舎には不動産屋がない

先ほどは、良い賃貸物件を見つけるための第一歩は良い不動産屋をまず見つけることだと書きましたが、これはある程度の規模以上の町でだけ通用するということを覚えておかなければなりません。
ある程度の規模以下の町、つまり田舎の場合だと不動産屋自体が存在しないことが多いのです。
不動産屋が存在しないということは、大家さん自ら、自分の所有する賃貸物件の管理、契約、補修その他を行なっているということなのですが、そのような物件を宣伝する場所が存在しないので、借りたい方としてはどこに行けばその情報が手に入るのか分からなくて困ってしまいます。
田舎で賃貸物件を見つけたい場合は、いったいどこに行けば情報が手に入るのでしょうか。
まずは、役場に行って住民課の窓口係に、自分がその町で住まいを見つけたいと思っていることを話してみましょう。
大抵の場合は、住民課で何らかの不動産情報を持っていることが多いので、うまくいけばアパートや大家さんの連絡先がのった一覧表をもらえるかもしれません。
その一覧表を手に入れたなら、まずは手当たり次第に電話をかけてみましょう。
この時点ですでに、不動産屋を介さずに大家さんと直接交渉をしていることになります。
少し考えてみれば当たり前ですが、大家さんも不動産だけでなく、本業の商売もあるわけですから、もし忙しいときに電話をかけてしまったことに気付いたなら、別の時に電話をかけるようにしましょう。
また、田舎の大家さんは「人を選んで貸す」とよくいいます。
どういうことかというと、田舎では賃貸物件の需要と供給が都会と同じわけではないのです。
少ない賃貸物件に対し、借りたい人の数がそれを上回ることが多いのです。
だから、大家さんは借りたい人を見て、その人がどこで何をしている人かを非常に気にします。
つまり自分がある程度気に入った人にしか物件を貸したくないのです。
ですから、最初の電話からそうですが、実際に大家さんに会う際にも第一印象は重要です。

Copyright (C)2017学生生活が充実する賃貸物件選び.All rights reserved.